日々是好日

諸々のことを

平成観劇まとめ

平成に見た舞台を列挙したよ。これからは毎回ちゃんと感想をこまめにつけたい(目標) 


テニミュセカンド氷帝 
※これはライビュしか行ってないのだが、終わりの始まりだったので記載。六人さんと初めてテニミュを見て跡部景吾にハートを撃ち抜かれて帰って来た。
テニミュセカンド六角
※六人さんと一緒に三回ぐらい行って「ひのえさん不二の出るところ乙女のポーズしてるね」と言われた。
テニミュセカンド立海
立海のこと好きすぎて初めて遠征した。今にして思えば久保田の仁王雅治ガチ恋だった。
テニミュセカンド比嘉
※俳優土井一海という最終兵器を生み出した伝説の公演だった。ボイラー先生が土井くんの木手のことドラえもんと言ってたのが印象的だった。
テニミュセカンド四天
※自分でチケットとって一人で行った。遠山金太郎が理想の暴力亭主であと1,000回くらい行きたいのに終演間近だった。悲しかった。
テニミュセカンド全国氷帝
※セカンドの氷帝はひとりひとりに得意分野とスター性があって大好きだった。千秋楽のつねくんの涙は美しかった。まさか逮捕されるとはね。
テニミュセカンド全国立海
※お尻が痛かった立海公演。セカンド立海は軍隊ぽくてすごくよかった。
・運動会
※つねくん(いまはなき)のパンツが赤だった話を聞いたことと、みんなでラジオ体操してるところがすごく記憶に残っている。あとキナリちゃんはいつも映像出演だった。
・フェアウェルパーティー
※わだくまがたわちゃんに拳を差し出して「頼んだぞ」という演出のところで泣いた。個人的には代替わり演出は嫌いではない。
・ドリームライブ2011
※初めてのドリライで横アリの3階の一番後ろからヤイヤイしながら見てすごく楽しかった。輝馬の乾に合いの手を入れるのが特に。「データーは嘘をつかないよ!」
・ドリームライブ2013
※多分ゆきさなが派手婚した回。横アリのゴンドラで頭上をくるくる回り数千のペンライトに祝福されていた。びっくりした。
・ドリームライブ2014
松岡広大くんの遠山金太郎を愛していた、たまありの中腹の席できらきらひかる舞台の上の遠山金太郎松岡広大から離れていくのをぼんやりと見てた。セカンドが終わるときの切なさは筆舌に尽くしがたい。
※3階の一番後ろから見た。古田くんははじめから上手で後輩っぽい素敵なリョーマだった。手塚が史上最高に理想の手塚だった。
テニミュサード山吹
※千石さんがちょっとこすっからそうな千石さんで良かった。
テニミュサード氷帝
バレリーナ跡部に困惑したがセカンドを超える跡部を連れてこれなかったから搦め手できたのだろうと自分を納得させた。愛着が出始めていた8代目が卒業し無念だった。
テニミュサード六角
※六角より氷帝のほうが目立つ上に跡部が解釈違いすぎてガチギレしたし、跡部役の役者がイキって新青学に説教してたのでブチギレた。にちかリョーマの顔綺麗すぎて震えた。
テニミュサード立海
※病床の幸村への想いを抱いて戦ってる立海が勝てないことがおかしいと思ってしまうほど立海に感情移入した最高の公演だった。でも丸井の曲と赤也の曲がアホ丸出しで悲しかった。立海は全員激烈に上手だった。青学はもっと頑張れという感じだったが、それでもにちかリョーマの顔面は全てをねじ伏せる力があった。
テニミュサード比嘉
※歴代で一番フラットな木手を見れた。
テニミュサード四天
※歴代で一番癖がなく白石らしい白石を見れた。ちとくらの波動。金太郎は可愛い感じ。
跡部というかみうらひろきくんを起用した演出の不自然さにブチギレて帰って来た。あと手塚が不二に「お前のおかげだ」と言うのも解釈違いでもうテニミュ氷帝は行くのやめようと思った。
※ゆきむらとさなだが森の小さな教会で結婚式をあげた。みんな衣装がすごくよくて、とくに比嘉のチンピラ感が凄まじく素敵だった。
立海チムパ
※アホの赤也を囲む先輩って感じの、すごく素敵なチムパだった。最後、会場出るとき、立海のみんなとハイタッチできたけど、全員自分より年下だから頑張れ〜〜と言う気持ちしかなかったのが発見だった。

#バサラ関係
※最高の公演だったな〜。登場人物みんなが舞台に倒れ伏している光景が忘れがたい。松永久秀石田三成以外全死亡という最高に攻めた展開だったけど、演出が素晴らしすぎて立ち尽くすしかなかった。みんな死ぬけどそれぞれ見せ場はあってカッコ良かった。しかし、たしか蒼紅の役者さんの卒業公演だった気がするので、ファンとして見てたら怒ってたかもね。でも内容は本当にかっこよかったんだよ〜〜。松永さんも信長もかっこよすぎて痺れた。
島左近がすごくかっこよかった。左近のこと好きになった。三成と家康が幸せになれる舞台で本当によかった。柴田勝家がかっこよかった。今になって気づいたが柴田勝家藤田玲だった。そりゃな。
・斬劇『戦国BASARA4皇』~本能寺の変
サイコパスの左近、頭悪い元親、白痴のさやか、ワンマンなくせに人がよくてバカの筆頭、明るすぎる佐助、アホなのに優柔不断の幸村、悪行が単調すぎる明智光秀が織りなす狂気のクソ舞台で演出がヨリコジュンの舞台には二度と行かねえと思った。
斬劇『戦国BASARA』~第六天魔王
※もしかしたらよくなってるかもしれない!と言って六人さんと見に行ったけど泣きながら帰ってくる羽目になった。殺陣もだせえのに役者に怪我させてなんなんだろうかと思った。一幕と二幕で別の話をやるのだが、通し時間でまともな物語を作れないからと言ってゲームっぽい奇抜な演出を使うのはやめてほしい。登場人物全員バカに見えて座ってるのが苦痛だった。こんどこそ本当に二度と行かないよ。

#その他2.5次元ネルケ関連
・マグダラなマリア ライブ
※湯澤氏逮捕前の最後の公演だった。マグダラはずっとDVDで見てて見に行きたかった作品だったから次の舞台が楽しみだな〜〜と思いながら過去作の曲をライブでやってくれるマグダラメンバーを見てた。渋谷のライブハウスで立ち見だった。まさか主演の児童売春で公演中止とはね。こういうブラックユーモアな舞台を児童に手を出した人が作るのは倫理的に問題が大きいと感じてしまうので、たとえ続編をやっても見にいくことは出来ないだろう。才能は本物だったと思う。残念。

弱虫ペダル セカンドオーダー
※荒北がツヤツヤで頬が発光しているかのように美しかった。初めてブロマイド買った公演。

ラサール石井、いい脚本書く。とても爽やかでいい舞台でした。若手俳優がビキニパンツ一丁で踊るシーンは必見だよ。マリア役の方がすごく上手くて多芸でよかった。

・錆色のアーマ
※舞台からアニメを作ると言う企画の舞台。変形戦国ファンタジーでキャスティング、ビジュアルと生演奏、とてもいいんだけど内容はありきたりな感じ。演者も「わかりやすい話」という表現をしていて印象的だった。崎山つばさくんがかっこよかった。

北園涼の足があまりにも長いのが素晴らしかった。でも涼くんをキャスティングする必要があったかというとよくわからんな。

・ライブスペクタクルNARUTO 
セカンドの四天キャスト大集中舞台。松岡くんのナルトは正統派ナルトで見ていて勇気をもらえたよ。原作が長いので話のまとまりは微妙だけどがんばってるなという印象だった。松岡くんの相変わらず超うまいダンスが見れて嬉しかったな。ほぼストレートの舞台でOPと大蛇丸様以外ほとんど曲がなかった気がする。

NARUTO 暁のしらべ
急にミュージカルになってびっくりした第2弾。第2弾キャストのヤマトの歌がひとりだけダントツにうますぎて笑ってしまった。藤田玲だった。サスケとイタチの決戦のシーンはすごくよかったんだけど我愛羅奪還編なのに我愛羅がキャスティングされておらず出なかったり、いろいろ削いでるのにデイダラのシーンはやたら丁寧にやったりやりたいところだけやりました感があってまとまりには欠けたな。

まとまりがいいジャンプ原作舞台ランキング1位なのでは。序盤の大事な試合を総なめしてまとめておりすごいな〜〜と思った。OPの全員で踊るダンスの振り付けがあまりにもださいのだが、見ていていとしさが募るのでそういう演出なのかもしれない。山田ジェームス武くんという顔圧のあるコミュ強俳優に演じてもらえる高尾和成という男の徳の高さはどうなってんだろう。賢章先生の貫禄が半端なくて、まだ駆け出しの子が多い印象だったけど黒子が強くてすごくよかった。
おれは太田基裕くんが大好きなんじゃ………と思わされた舞台であった。花宮誠のドクズっぷりと景気の良い悔しがり方をもっくんの演技で見れてよかったよ。ダンスもぬるぬるしてて見応えがあった。まりおくんの黄瀬には泣かされました。あと木吉鉄平の自己犠牲精神にはほとほと嫌気がさしてその場で席を立って帰りたくなった。お話のまとまり的には三作の中で一番好き。キャストさんもみんなパワーアップしててもう黒子が引っ張る舞台ではなくなってた。
・舞台黒子のバスケIGNITE-ZONE 
※紫原くんて現実で喋ってるとかなり白痴っぽいな……と気付かされた舞台だった。でも鮎川くんだったのでものすごいイケメンで氷室くんと並んでると目の保養だった。キセキの世代一応勢揃いで豪華だし、次への引きがすごくあってとても楽しかったです。緑間くんと高尾くんのキャストさんの女装が可愛すぎて私の中で話題になった。 

・ロックミュージカルBLEACH再演
※最初に雨が降ってないのに最後に雨が止んだで終わる舞台ってやっぱり面白くねえよ。舞台なんだからちゃんと工夫してくれ。あとブリーチは巻頭にめちゃくちゃエモいポエムついてんのになんで朗読しない?曲にしても良くない?(これは言いがかりです)そして一護たち旅禍一行が一護以外一人も出ないのはひどいと思った。キャストはほんとにみんなよかったな。特に雛森桃役の美山加恋ちゃん激上手すぎてびっくりした。

・ミュージカル忍たま乱太郎第8弾
※第8弾にして初観劇。尾浜がかっこよすぎてびっくりした。他の五年はちょっとアホだなと思ったけど全員見せ場もあって成長も描かれててすごくよかったですね。六年生が五年生を評定するというシーンもめっちゃ萌えた。
・ミュージカル忍たま乱太郎第8弾再演
※8弾再演は内容がかなり変わっていて、最後のまとめにいきなり学園長が出てきたり、全体的に改悪がすごかった。尾浜もアホになり五年の出番が減って水軍がめちゃくちゃ出張って何が言いたかったのかよくわからなかった。8弾についてはめちゃくちゃ原作者らしきツイッターアカウントが文句をつけていて、それで変わったのならやっぱり餅は餅屋でつくのが一番だな〜と思った。

※原作を読んでないのに行った珍しい舞台。品プリのホールは円形の舞台を椅子で囲む形式で面白かった。推理モノの舞台を他に見たことがないので完成度とかを計れないのだが、まあまあ楽しかった。美山加恋ちゃんがすごく演技が上手だった。かつてふわふわの柳蓮二だった水石亜飛夢くんは普通の大学生になっていた。

最遊記異聞
※一ノ班パートは青春!ダンス!合唱!テニミュっぽかった。月闇パートに大切な情報を全振りしており、一ノ班パートはパロディが多くやや浅い作りだったなという印象。DVD観劇だったけど、ブリアルのほうが完成度高いなあ。一ノ班キャラクターは舞台オリジナル要素が強い。人生で同じ舞台を6回も見るのははじめてだったし見るたびに良くなるのは気持ち良かったのと、曲とキャストの熱量がすごくよかった。また、単に月闇クラスタとして見れば即身仏クラスの最高の舞台。

・舞台三國無双1
呂布を殺す話である。趙雲という完璧な存在に心を打たれて全てが無になった。あと周瑜が好みすぎて死んだ。久々に西田大輔さんの舞台を見てわしが求めていたバトル舞台はこれなんじゃ〜〜と思った。一にもニにも殺陣、オープニングとエンディングにでっけえ音でかっこいい音楽を流す。覇王の風格を持つ曹操かっこよくてかっこよくて……ストーリーもきちんと起伏と起承転結があってめちゃくちゃ良かったです。原作とは多分キャラクターちょっと違うんだろうが私はこの舞台は原作のキャラクターをそこまで深く知らないんだよなあ……。
あと趙雲役の北村諒くんは本当に最高の役者なので炎上しようと遊びまくろうと構わないからこれからもガンガン舞台に出てほしい。
・舞台三國無双2
※顔面大好き郭嘉が主人公だった。わだくまさんの凶器みたいな美麗作画であまーいマスクの郭嘉はすばらしい。概ね郭嘉曹操に仕えてから別離までのお話なのだが、ラストが本当に泣けるし西田大輔天才って感じなので百万人に見てほしい。最後、曹操から労いと親愛を込めて注がれた杯をあおることができない郭嘉。もう一緒には行けないから……最後にさらばと言われてからようやく杯を干して満ち足りた表情の郭嘉があまりにも美しくて……。あと曹操関羽大好きすぎて可愛かった。劉備一派はわりかし勝手でおもろい。
・舞台三國無双3
ポンコツ諸葛孔明がかわいいしピリピリした周瑜にあたらしい間男みたいなのが現れていてすごいよかった。もう三作目ともなるとだいぶキャラクターを覚えるので、それぞれキャラクターの性格とか立場が変わっていたりいなかったりするのを見るのも楽しい。内容というよりも殺陣に全振り舞台だった。でも殺陣がかっこいいし爆音でかっこい曲が流れるしすごく満足した。どんどん魏がヒールになるのにどんどん魏がかわいい。殿〜〜

・ミュージカル刀剣乱舞トライアル公演
まさかそんなに面白いと思わなかったので、まあ行ってみるかというノリでノーガードで劇場行ってボコボコにされたトライアル公演。オープニングでいきなり弁慶の立ち往生、義経公の自害をキメられて、座ったままの義経公の遺体が時間とともに風化して広がった荒野に六本の刀が落ちてきて、そこから刀剣男士が現れる演出。かっこよすぎた今でも痺れる。刀剣男士に物語を与えてくれた最初のコンテンツ。刀が自身の使命と刀として愛して物語を与えてくれた元の主人との間で葛藤する、けれどやっぱり使命を選ばないわけにはいかないその姿、心を掴まれて今に至る。岩融の「使命こそ我らにとって命そのもの」という言葉に感動した。当時はブラック本丸が流行ってて私は優しい刀が好きだったので刀ミュで優しい刀を見れてすごくすごく嬉しかったよ。ライブも最高で、劇後の悲しみを吹き飛ばす勢いがあってとても楽しかった。初観劇の後アイアから明治神宮前までの暗い夜道がキラキラ光って見えたな〜。トライアルのとき役者さんみんなすごく必死だったけど、みんな今は随分落ち着いてお仕事もあってうれしいなあ。これからもどんどん売れてほしいぞ!
・ミュージカル刀剣乱舞阿津賀志山異聞
阿津賀志山異聞はほぼトライアルと同じ内容なんだけど、所々演出が変わってるんだよね。わたしはトライアルの方が好きなんだけども笑
劇中歌がテニミュっぽくてイマイチ緊張感が出なかったなと言う印象。歴史を守るのが使命〜という曲の話です。でもみんな上手になってて感動した。あとライビュで最後に新撰組と蜂須賀出てきたところで心の底から刀ミュを好きでよかったなって思った。エンタメすぎる。
・ミュージカル刀剣乱舞赤坂シアター公演
次回の発表のヒントで鳥居のマーク出されてびっくりした記憶。結局厳島公演のヒントだったんだけどさ。わかるかーい!
・ミュージカル刀剣乱舞厳島神社公演
一人旅二泊チケット一人一枚一万円という社会人一年目のわたしには中々ハードルが高いミッションだったけど好きすぎて結局行ったよね。夜の厳島でまんまるい月が空に出てて刀ミュ審神者からご来臨誠に感謝とか言われてわし審神者だったんか????まじで???というかんじだった。とても美しい公演だった。忘れまい。
・ミュージカル刀剣乱舞幕末天狼伝
一番好きなシーンは「向こうで一緒にトシを待とう」と蜂須賀が刀を振り上げるシーンです。涙を禁じ得ない。刀ミュの刀への救いは欺瞞なのだ。本当にながそねさんが救われるには、近藤さんが非業の死を遂げずに済む歴史を作るしかない。でもそんなの刀剣男士だから無理なのだよ。そんなの無理だとわかっている、わかっているから、せめて辛いものは見ないでいいよと言ってあげる。長曾根さんの代わりに誰かが役目を果たす。仲間だから。そういう救いなのだよ。それがすごくすごく優しくて辛くて感情がグシャグシャになった。
・ミュージカル刀剣乱舞 刀剣乱舞祭2016
両国国技館で同期と一緒に見たラブフェス。最高オブ最高だったので皆まで語りはしないが、三日月が上を見上げているときに一緒に天を仰ぐとお相撲さんの絵が書いてあるのだけは勘弁してほしかったのだ。
・ミュージカル刀剣乱舞 刀剣乱舞祭2017
さいたまスーパーアリーナで蜂須賀虎徹のオタクとともに見たラブフェス。ほぼ青江が主役で嬉しかった。大倶利伽羅の獣がかっこよすぎて死んだ。財木くんのばか。最高にかっこよかったのに。最後の発表で堀川君のキャス変がわかってアンコールができなかったからアンコールなくて大後悔した。わーん……

・ミュージカル刀剣乱舞 加州清光単騎公演
アモーレ!アモーレ!加州清光練度高すぎて笑った。
・ミュージカル刀剣乱舞 三百年の子守唄
※歴代屈指の歌唱力高メンツが揃っていた印象。話としては一番好き。ラストはいつも泣く。あの時間軸の家康は、死んでも絶対に自分の側にずっといて支えてくれた優しい家臣たちには永遠に会えないんだなと思うと……。刀が人に向ける愛情が人間のそれとは決定的に異なっている、人外の愛を目の当たりにして震えた公演でした。ただしく生かすということはただしく死なせるということなのだ。よく生きられましたね。おやすみなさい。
・ミュージカル刀剣乱舞 つはものどもが夢の後
※私事ですがわたしは髭切役の三浦ひろきくんのことが私怨で非常に苦手だったんですけど、髭切役は無意味に前に出張ることもなく役者と役とがよくあっていてすばらしい演技をされていて、やはり舞台は演出なのだな、素材が良くてもかけるソースまずいと全然ダメなんだな、ということを身につまされました。髭切、膝丸、大変ようございました。お話も面白くて、刀ミュの義経公への救いと希望を示唆する内容であるとともに、2.5の舞台上で能のようなことをしたりする新しいチャレンジが見られるとても良い舞台でした。そしてこの作品からアイアを捨てて青年館に行ったよね。でもわたしアイアのことも好きだったよ、今にして思えば。
・ミュージカル刀剣乱舞 結びの響、始まりの音
つはものが阿津賀志山の続編なら、むすはじは幕末の続編だよね。土方さんの始末をつける話だったと思う。私は刀ミュのかねさんてすごくクレバーな男だと感じていてその感じが良く出てたのがとても嬉しかったです。刀より人間パートに重きを置いているという感想も聞いたけどそうは思わなかったなあ。持ち主たちが魅力的であればあるほど、刀の生き方が際立つんだよなと思った。あと榎本武揚は刀ミュでは異色のキャラだと思うけど最高だったので絶対に単騎出陣やってほしい。陸奥守吉行は次の次の公演の主役だと思う。わーい!そして堀川のキャス変があった。おごひろ(元リョーマ)からしょごひろ(元リョーマ)へ。ただ全くキャラクターへのアプローチが違うので、かえってしょごひろの魅力を愛せました。かわいらしい、兼さんあってのしょごひろです。おごひろ今までありがとうね。しょごひろこれからもよろしくね。
・ミュージカル刀剣乱舞 三百年の子守唄 再演
蜻蛉切と村正の仲良し度が上がっていた。青江のテンションが低く、より置物らしくなっていた。石切丸の落ち着きが増していた。大倶利伽羅のキャス変があった。たぶん初めからまきしまくんだったらまきしまくんの大倶利伽羅がすごくいいと思えたと思う。でも現状、まきしまくんは財木くんの歌のうまさや発声のブレのなさや引きの強さを塗り替えてくれなかった。特に歌。まきしまくんはそれでもだいぶ上手なんだけど曲にノるまでに音程がブレる感じがある。あと音域が狭いのか地声ではあまり歌わない。アニメ声で歌える財木くんの才能があまりにも惜しかった……。まあ本人が悪いんだけどさ。
・舞台刀剣乱舞 初演
トライアル公園のすぐあとだった。仕事終わってからダッシュして北千住にある劇場に向かったの覚えてる。すごく楽しみにしてた。だって刀ミュのトライアル公演めっちゃ面白かったから。マーベラスが当時売れてる俳優集めて最高の舞台を作ってくれたと思った。俳優さんはみんなよかった。全員で名乗りあげるところも良かったし、刀たちは衣装も良かった。まりおくんも鈴木拡樹くんの演ずる三日月を見て大ショックを受けてミュのみんなに慰められたらしい。ひろきくんはすごく上手だった。しかし正直脚本はかなり期待はずれだった。後半は冗長すぎてまだおんなじことやってんの?と思うシーンが三回はあったし不動行光が刀とのかかわりの中でいくつもイベントをこなしてるのに改心することがないまま最終決戦に突入して、最後にいきなり改心するのではあ???なぜ???と思った。あと森蘭丸の衣装適当すぎる。幕末の服じゃないの?
・舞台刀剣乱舞 虚伝 燃える本能寺
森蘭丸が熱に浮かされているような描写が入ってループしてるのでは説とかあったけども、この脚本家は何も考えてないのに平気で思わせぶりなことをして間を持たせようとするタイプの人なので期待ができないと感ずる。
・舞台刀剣乱舞 義伝 独眼竜伊達政宗
※私が刀ステ行くのはもうやめよう!と決めた作品。実は運命の悪戯で一列目ドセンで見た。でもダメだった。誰かにあげればよかった。勿体無かった。燃える本能寺は不動行光というトラブルメーカーがひたすら空気を読まずに場をめちゃくちゃにして物語が進んだが、今回は伊達政宗というトラブルメーカーがひたすら空気を読まずに場をめちゃくちゃにして物語が進み、改心の機会を散々与えられながら無視して暴走し続け、結局最後にいままでとさして変わらない方法で宥められて改心するのだった。気が違ってるとしか思えない伊達政宗で悲しかった。あと最後に病床の政宗の今際の際に細川がやってきてそれを伊達組と細川組が見てるシーンがあるのだがあの伊達政宗のどこがかっこいいのかわからなくてチベットスナギツネの顔をしてしまった。伊達政宗の今際の際に細川忠興がいるのもどうなの?まあたしかに忠興は妻子じゃないけどさ

#舞台・ミュージカル
・Chicago
※はじめて社会人になって母と見に行った作品だった。ロキシー役の方に品があっていやらしくなくてかえってよかったとおもう。ヴェルマは抜け感があって清々しかった。でも弁護士役はちゃんと男性俳優使ってよかったんじゃない?セルブロックタンゴが良すぎて音源欲しかったけど英語版しかないのでいまは諦めてそれを聞いている。
・パジャマゲーム
※北翔海莉の卒業後初舞台作品。宝塚外で舞台に登ってくる女優のレベルの高さを感じてしまった。グラディス役の大塚千弘さんの悩ましい美しさよ。新納さんなど話題の俳優さんの演技が見れてとても楽しかった。結末もハッピーでナイス。北翔さんはよかったんだけども、ハマリ役ではなかったなという印象。
真田十勇士 再演
※死ぬ前に見るならこの舞台だなと思う。明日死ぬとわかっている人たちな心映えの美しさに打たれて後半はずっと泣いてた。加藤和樹様の才蔵役がよすぎてこれから先加藤和樹様には永遠に様を付けると誓った。そして中村佐助演技がうますぎる。なんとかもう一度見たい!!
※柿澤さんの月バージョンを観劇した。唯月ふうかちゃんがかわいいわ歌が上手いわ最高すぎてずっと見てた。あとレムの濱田めぐみさんもすごく美しくてよかった。曲がどれもかっこいい。小池徹平もすごかった。みんなすごかったんだけど、ラストを綺麗にまとめちゃったなという印象だなあ。脚本はさほど好みでなかったです。
・エビータ
※女の一代記。どことなくエリザみもある。四季は難がなく上手い。
サウンドオブミュージック
※四季。曲がよすぎて母がずっと隣で泣いていた。結末を知っていても美しい物語だった。
美輪明宏寺山修司がタッグ組んだとんでも舞台。観劇後毛虫呑まされたような気持ちになった。
・マイフェアレディ
※教授のこと殴り飛ばしたい衝動にかられ過ぎてやばかった。まあ様の卒業後出演作品。神田沙也加とダブルキャスト。多分神田沙也加のほうが上手だっただろうなと思うけど、まあ様の努力ぶりがうかがえる素敵なレディだった。長い手足をひらひらさせて自在に可憐に踊るダンスは健在でオペラで覗きながらずっとニコニコしてしまったよ。
※みりおん、神田沙也加、唯月ふうかの三姉妹豪華すぎるのでは。
しかしなんというか地味な舞台だった。市村正親さんの芝居はめちゃめちゃに上手だったんだけどね。
・オンユアフィート
※まあ様の主演作品。ウーンまあテーマが私に合わなかったな。まあ様より子供時代の子役のほうが歌が上手くてつらみを感じた。
・髑髏城の七人 花
小栗旬山本耕史主演の豪華舞台花。キャストと演出、舞台装置は本当に素晴らしかったけど、脚本いまいちだな〜〜と思った。身内全員なで斬りされた最終決戦にギャグ入れてくるのは釈然としないし悲劇の無駄だと思う。沙霧の殺陣がすごすぎて圧巻だった。最後に山本耕史が咲き乱れる白い花の中にひとり立っていてかぜか彼のために吹くシーンがあるんですけどそれは本当に最高の孤独な魂の体現なので是非そこだけ見てほしいな。

#宝塚
・長い春の果てに
※はじめての宝塚観劇作品、金髪の天才外科医紫吹淳がイケメンだった。脳腫瘍のある少女と爆モテ外科医の恋。美しくて楽しい舞台。よくある宝塚という感じ。
・黒蜥蜴
春野寿美礼さんの明智小五郎。すごく面白くなかったぞ!!黒蜥蜴と明智小五郎が恋仲になるのはあれだけどなんで二人が実は兄妹なんだ……。なんだそれは……?
・ガイズアンドドールズ 星
※北翔海莉さんのガイズアンドドールズ。さすがに曲がいい。スカイもネイサンも最後は女に負けてハッピーエンドなのが楽しかったな。北翔海莉はほんとに歌が上手い。
・スカーレットピンパーネル
※紅ゆずるさんお披露目公演。パーシーの熱くてまっすぐでユーモアがあって洒脱なキャラクターは紅さんにピッタリだったなあ。曲が本当によくてひとかけらの勇気も貴方こそ我が家も今でも聞いてるぐらい大好きな曲。しかしマルグリットの歌声はまだまだという感じ。
※ミュージカル落語AnotherWorldとアナウンスされて初っ端から吹き出した一昨。地獄八卦亡者の戯れを宝塚ナイズした作品でコメディーの王紅ゆずるにしかできねえ〜〜という感じの作品だった。恋煩いで死んだ二人だけが生き返って残りみんな死んだままなの笑った。河豚食って死んだ遊び人の礼真琴がかっこよかったです。
・霧深きエルベのほとり 星
※カールかわいそうすぎて……すごいよかったけど二度と見たくないよ……。マルギットの婚約者としてみんなに紹介されて冷たく当たられるシーン共感性羞恥で死にそうになった。カール、いい人すぎるよ。舞台でも最高に可憐で世間知らずだったが、ショーのきさきあいりちゃんの可愛さが天元突破していた。しかしショーの構成はいただけねえな。カラオケじゃないんだからよ。
・新源氏物語
※二回席から見たんだけども花が咲き乱れるような絢爛な舞台でそれは麗しかったな〜〜。まあ内容は源氏物語なので源氏物語であった。
・信長 月 
龍真咲さんの信長。寝た。龍真咲さんの信長の演技が特徴的すぎて話に集中できなかった。
・金色の砂漠 花
※上田久美子さんの作品好き率高い。明日海りおさんを足で踏む花乃まりあさんという新たな性癖を植え付けられた。上田さんの作品は女性をとにかく魅力的かつ強く描く。我が強すぎる二人の愛と憎しみの行く末は破滅しかなくて、でも最後のデュエダンはやっと普通の恋人のように隣に並んで一緒に歩いていけて、まあ死後なんだろうけど、感動して幕が閉じて素晴らしかったです。
邪馬台国の風 花
※ドンドコドンドコドンドコドン!主人公以外全員の死!という感じだった。みりおの顔面で許したけどまじで盛り上がりもないのに無意味に人が死にまくり、脚本について褒められるところはひとつもない。ユキちゃんのお披露目だったんだぞ。弁えてくれ。
小池修一郎先生の妄執みたいな舞台である。エドガーはきっとみりおを待っていたんだろうという完成度の高さ。シーラは綺麗で歌が上手い。柚香光さんのアランも少年ぽくてよかった。多分原作好きが見たら内容が軽いので怒ると思うけど美しかったしまとまってた。小池修一郎先生はエンタメの人なので宝塚でやるならかなりよかったんじゃないかなと思いました。
※これが宝塚の真髄なのだよな〜〜とおもった。大したことないけど起伏はある物語に麗しい演出と絢爛な衣装とセット、素晴らしい曲と生演奏をつけてハッピーエンド大団円を作り出す。カサノバは本当に頭のネジが外れたハッピーミュージカルで最高だった。どこ行っても女にモテモテで恋人が千人いるカサノバ。ネアカで頭悪くてほんと最高だった。ベアトリーチェお転婆で可愛かったし、柚香光の悪役もめちゃくちゃハマってて安定感あった。花組はこうでなくっちゃね。私は理由のない不幸は許せないが理由のないハッピーは許すんだなと思った。
※曲が良すぎる〜〜フランツがかわいそうすぎる〜〜トートかっこよすぎる〜〜この舞台を観るために私はきっと前職の会社に勤めたんだなあと思った(チケット回してもらった)(そしてすぐやめた)。まあ様こと朝夏まなとさんに落ちた舞台。黒髪のトートの存在感と怪しさが素晴らしいかった。まあ様の驚異的なロングアームが優雅に舞って空中で止まってるみたいな美しいダンスを踊る。まさに愛と死の輪舞曲。エリザベートはひどい女だけど魅力的なんだよな……。許さないけど愛してしまうんだよな……。

バレンシアの熱い花 宙
※うららちゃんととまどかちゃんの三角関係。実直な性格なのに任務でプレイボーイを演ずるも、どんどん町娘を好きになってしまう……というまあお馴染みの内容なのだが、配役がとてもあっていて素晴らしかったです。
・王妃の館 宙
宙組のお祭り舞台でした。みりおんの卒業公演なのにロクに手も繋がない関係で終わる。でもふたりらしいといえばらしかったなあ。あと、まあまかが肩組んでると無限の彼方に飛んでいけそうな気がしたもんです。りくくんの女装?が美人すぎて震えた。
・Amotion 宙
宙組のエースはまあ様!!という感じの素敵なコンサートでした。
・神々の土地 宙
※上田久美子が好き。うららちゃんが実質トップ娘役だった。永遠に胸に残り続ける美しさ。大人の純情。ありがとうイレーネ、ありがとうドミトリー……。
※まどかちゃんとゆりかちゃんのトップお披露目公演。ビジュアルとオープニングは最高だったよ。でも内容は微妙だったな。カイルの活躍シーンがイマイチなくて、突然現れて格好いいことをたくさん言うクサイイケメンって感じになっちゃったのがな。あとユーリのお転婆さがまどかちゃんに似合わない。忙しい人のための作品という感じだったし、演出家の先生も「これはドリライなんだ」と言っていたそうなので推して知るべしというものよ。でもドリライは本公演の積み重ねがあってのドリライなのであって、いきなりドリライやられるとはあ?ってなるんだよ。ちゃんと勉強してくれ。
・白鷺の城・異人たちのルネサンス
※白鷺の城が性癖を直撃して最高だった。何度も生まれ変わる魂と九尾の狐……。まどかちゃん気丈な役もあってたよ。最後に生まれ変わった時ただの女と男になれて本当によかった。
異人たちのルネサンスは薄幸の美少女と天才レオナルドダヴィンチの話。なんだかな。助けた。な少年のせいでヒロインが死ぬのは後味悪すぎるよ……,
・グランドホテル 月
※たまきちのお披露目公演。年増のバレリーナと貧乏で財産もないのにプライドだけ高くてホテル暮らしをやめられない男爵の話。いやグランドホテルはもとはオットーという余命僅かの会計士が主役なんだけど、今回宝塚なのでたまきちに当て書きされているのよね。
この舞台は本当にすごくよかったんだよな。
男爵はろくでなしで、元?売れっ子バレリーナエリザベータに金目当てで近づいてネックレスを盗もうとするんだけど、エリザベータの純粋さや美しさを見て彼女を好きになってしまうのだ。好きになってしまったから、彼女からあなたにネックレスをあげる、と言われたのにそれを断ってしまう。次に賞金を当てたオットーのお金を盗もうとするんだけど、自分を友達だというオットーがお金を失って狼狽している姿を見て盗むのをやめる。さいごには借金取りの軍人にたたみかけられて、成金社長の部屋に盗みに入るんだけど、そこで顔見知りの女性が乱暴されそうになっているのを見て、無視してお金を盗めば助かったのに、彼女を助けてしまう。そしてはずみで社長に殺される。彼女と一緒に次の彼女の公演に行こうと約束したのに。
愛した、真っ当に生きようと誓った根源のエリザベータとの約束を果たすことはできず、待ち合わせ場所に永遠に向かえない。エリザベータが男爵との待ち合わせを信じて嬉しそうに駅に向かう姿と、入れ違いにたまきちがホテルに入ってくる姿で舞台は終わる。愛と良心ゆえに命を落とし一番大切な愛を叶えられなかった男爵が悲しすぎる。そしてかれは永遠にグランドホテルから出ることができなかったのだ。
All for One~ダルタニアンと太陽王~ 月
小池修一郎先生は宝塚の客が何を求めてるのかわかってんだもん。清く正しく美しい、そうなのだ。宝塚の舞台は清く正しく美しいことが正義になる世界中で唯一の場所なのだ。オールフォーワン、めちゃめちゃよかったよ。ちゃびはいままでで一番可愛く見えた。ショートカットが似合うんだね。ダルタニアンもたまきちの無骨なイメージに似合いすぎて拍手喝采!みやるりかさんのアラミス神父もかっこよくて最高だったな〜〜!!楽しい舞台でとても良かったです!
エリザベートはたまきさんに似合わない。歌がきれいに歌えないとこの物語の魅力はほぼなくなると思う。ちゃびの舞台だった。ちゃびも強すぎてエリザベートって感じじゃないんだよな……。
ちぎさんのるろ剣。斎藤さんがかっこよすぎたおもひで。内容はまあ……宝塚の2.5次元だな〜〜と。
・幕末太陽伝 雪
咲妃みゆちゃんの勝気な娘役姿が印象的だった。ちぎさんもコメディ上手なんだな〜〜と思った。退団公演が青天なのもどうなのかと思ったけど、すごく素敵な男役姿で青天でもイケメンでした。
・ファントム 雪
ヅカでは名作のはずなのだが納得できねえ〜〜〜〜エリックかわいそうすぎて無理、なみはずれたブサイクだと監禁されても仕方ないんか?ブサイクだと愛した人に受け入れてもらえなくても仕方ないんか?キャリエールひどすぎ!あとクリスティーヌひどい!許さんぞ!